BtoB PR専門のPR会社 株式会社ジョイン(JOIN)

JOIN

JOIN ブログ「日々是吉日」
今日から活かせるBtoB PRのノウハウや事例をお伝えするブログです。


BtoCに限らず、BtoB企業のPR活動の中でも、テレビ番組に取り上げてもらうことは花形の活動です。たしかに視聴者の「テレビ離れ」は顕著なのでしょうが、それでもマスメディアの中核であるテレビで紹介されることは大きなインパクトがあります。

BtoCの場合はたくさんある競合製品やサービスと横並びで紹介されることが多く、それと比較して、BtoBの方は自社の製品やサービスに特化して紹介してもらえ、10分以上の長尺でしっかりと取り上げてもらえる傾向があります。

最近、特徴的なのがこんな二つの企業です。

A. 最先端の技術を持っている企業
B. 社会問題を解決するサービスを提供している企業

Aの企業は、日本はもちろん世界的にも珍しい最先端の技術を社会応用した製品やサービスを提供しています。この企業の場合は、NHKや民放の科学番組など最先端の技術を紹介する番組からのオファーが多いです。

Bの企業は、日本がこれから将来迎える超高齢化社会の一助になる、いわゆる社会課題解決型のサービスを提供しています。BtoB PRの主な目的はビジネスパートナーを増やすことです。この企業の場合は、ワイドショーやニュースや経済番組など視聴者が身近に思っている社会課題解決の1つとして紹介されることが増えています。

どちらの企業も、当初はほどほどのテレビ露出でしたが、テレビ露出の戦略を立て、メディアアプローチの取り組みを続け、数年が経ってテレビへの登場は常態化しています。テレビ番組で紹介された後は、いろいろな問い合わせが増え、売り上げも伸びます。内容によってはWEBサーバーがパンクするほどの反響があります。そしてさらに、番組を見た放送作家やディレクターから次のテレビ番組の企画が持ち込まれる、こんないいループが続いています。

BtoB企業がテレビ番組で紹介してもらうのにはたくさんの努力の積み重ねが必要ですが、特に大切なポイントは「自社を売り込みたいではなく、どうすれば世の中に役立つか」という視点に立った取材企画作りが大切だと考えています。その取材企画をメディアに持ち込んで提案して、それぞれの番組の意図を汲んだ取材計画を柔軟に提供することが重要です。

「マスメディア、テレビは終わった」なんて世間では言われますが、現場の取材ディレクターさんの努力にはやっぱりものすごいものがあります。みなさんがそれぞれ独自の視点を伝えようと必死に取り組んでいらっしゃいます。

 

BtoB企業専門のPR会社 株式会社ジョイン のPRメニュー

取材機会を増やすBtoBメディアキャラバン

誠に勝手ながら、2019年8月8日(木曜日)~8月18日(日曜日)まで、株式会社ジョインは夏季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

なお、緊急のお問合わせについては、各担当者の携帯電話もしくはメールまでお願いいたします。

どこの会社でも名刺はお持ちですよね。WEBサイトを持っていない企業はもはや珍しくなりました。では、広報やプロモーションするためのPRキットを準備している企業はどれだけありますでしょうか?

PRキットとは、企業や製品を広報PRしていく際の各種マテリアルのことです。シンプルでわかりやすいカタログ、配布しやすい紹介カード、プレゼンテーションのテンプレート、プレスリリース集など自社の最新情報をパッケージしたツールです。JOINの場合はさらにメディア向けの取材依頼書などもプラスしてPRキットを考えています。

広報が優れている企業は、テレビ局、新聞や雑誌社、ネットメディア宛にPRキットを定期的に届けてプレゼンテーションしています。自社の最新情報をディレクターや記者と共有できるので、番組や記事で取り上げてもらえる機会が増えます。特集企画でコメントや映像・写真が必要な際には取材依頼がくることもあります。「なぜ?あの企業ばかりメディアに取り上げられるのだろう?」そう感じる企業はこのようにPRキットを準備して、しっかりと活動しているのです。また、そういう企業は自社の情報ばかりではなく、業界の動向、社会課題の問題提起、その解決には何が必要で自社はどう貢献できるかなど、広い視点でメディア担当者へ情報提供して共有しています。

JOINを立ち上げてBtoB PR事業を始めた当初、会社紹介の折りにこんな質問をよく受けました。「取材してもらえるような、仲良くされている記者さんを紹介してもらえるのですか?」 いま思えば、PR会社としての能力を図られていたのかなとも思いますが、こういう質問をする広報担当者やマネージャーの姿勢を悲しくも感じたものです。自社の魅力を伝えたいと積極的に必死に努力されている方はこういった発言はしないはずです。

では、「メディアに取り上げてもらえる企業」を支援するには何が必要なのかを考えました。まず気がついたのは、BtoB企業の多くはリリースを発信するだけで、メディアへのアプローチや関係構築が出来ていないということでした。それを行うには、自社の魅力や最新情報を伝えるツールを作ることが第一歩であると考えました。こんな背景があってJOINでは「BtoBブランド力をUPするPRキット開発」の提供を始めました。

BtoBブランド力をUPするPRキット」では、メディア向け会社紹介資料、メディア向け取材企画書、カード、ファイリングシステムの4点セットをパッケージプランとして提供しています。

https://www.joinjoin.jp/pr/prkit/

多くのBtoB企業では導入事例の顧客インタビューなどを掲載していますが、結局、何を伝えたいのかわからないものも多く見受けられます。経営者インタビューであまりに内容が抽象的なもの、テープ起こしをそのまま長文掲載しているもの、売り込みやインタビュアーが目立ちすぎているもの、読んだ人にどんな行動変容を起こしたいか意図が伝わらないものなどの問題があります。「優れたBtoBインタビューとはどんなものなのか?」について、よくある質問にお答えします。

BtoBインタビューの適切な分量は?

印刷物ではA4PDF両面でゆったり読めるぐらい、WEBPC閲覧では1ページに収めて3スクロールぐらい、スマホでは4スクロール×3ページ分割ぐらいがJOINでは適量だと考えています。写真や図解なども加わるので文字数だと16002000字程度です。短く手軽に読んでもらおう思って「この説明は不要かな」と切り捨ててダイエットしすぎると社外や業界の外の人には説明が足りなくなってしまいます。逆に、詳しく説明しようと長くすると、忙しいBtoBの導入担当者や決裁者には最後まで読んでもらえません。最近はスマホ化の影響があって、センテンスを短くする方がテンポ感よく読まれる傾向があります。

誰にインタビューするべきか?

JOINでこれまでいろいろな職業やお立場の方にインタビューさせていただきました。バーテンダー、シェフ、ホテルオーナー、弁護士、税理士、心臓外科医、画家、映像作家、人材コンサルタント、企業経営者、生物研究者、脳科学研究者、数学者、サーキットのスタッフ、メーカー開発者、イラストレーター、芸術祭プロデューサーなど、技術やサービスを担う人々の生の声をインタビューコンテンツとして届けてきました。人の数だけ想いがあり、それが世の中には伝えきれていません。生の声からマーケティングコンセプトやコピーライティングが生まれることもあります。なので、著名人や偉い人に限らずインタビューの対象を考えてみてください。

誰がインタビューをするべきか?

誰でもインタビューはできますが、出来上がる内容には大きな差が出ます。やはりある程度の経験とトレーニングは必要です。一方、経験があればそれで良いかと言えばそうではありません。実際、業界歴数十年のベテランライターの原稿を読んで、「なんだこれ?!」と感じることもあります。あまりにベテランライターの恣意的な内容になってしまっていてジャーナリストや雑誌ライターの視点になってしまったんだと思います。BtoBインタビュアーには「コンサルティング経験があり未経験の分野でも構造的に整理してアプローチができる人」が最適です。そして、「生の声に潜むワクワクする未来の要素を探し出せる傾聴力」が大切です。

JOINでは「テクノロジーや想いを翻訳して、ユーザーにワクワクする体験価値をわかりやすく伝えること」がBtoBインタビューにおいて何よりも大切だと考えています。自社の商品やサービス、開発物語、経営者の声、お客様事例など、その魅力を「世の中に広く伝えたくても、うまくカタチにできない」そんな課題を解決します。

難しいをわかりやすく共感を広げるインタビュー

BtoB企業専門のPR会社 株式会社ジョイン のPRメニュー

難しいをわかりやすく共感を広げるインタビュー

さて、次のどちらのセミナー開催が有効でしょうか?

A: 1年に1回、100名を招いたセミナーを開催する。

B: 1ヶ月に1回、10名を招いたセミナーを開催する。

まず、参加人数ですが「A 100 < B 120名」で積み重ねの勝利です。毎回の人数は少なくても累計すると多くの方に参加いただけます。また、リピートで参加してくれたり、同僚や知人にお薦めしてくれる人も出てくるかもしれません。

次に、セミナー内容の充実ですが「A 1回の経験 < B 12回の経験」で、やはり積み重ねた方が内容は充実します。毎回の参加者からのアンケートやご意見からのフィードバックを反映してより良いものにしていくことができます。

社内スタッフの運営オペレーションはどうでしょうか?こちらも「B 12回の経験」が活かされます。はじめは、たどたどしかった接客も回を重ねると慣れてきて、より良いものになっていきます。毎回の人数も少ないので、参加者一人一人とお話できる機会も増えます。

実施コストも気になります。100名以上のセミナーを東京都内で開催した場合、会場費や施工設営、スタッフ人件費、企画費用などを積み重ねると300万円ぐらいはすぐに超えてしまいます。それにケータリングなどを加えると、どんどんとコストは膨らんでいきます。小さな規模であれば自社の会議室を利用することができるので会場費は掛かりません。その分を内容の充実に振り替えることができます。豪華でブランドを高める(悪く言えば見栄はりな)ものもアリだとは思いますが、BtoB導入担当者が本当に望んでいるのはそういうものではありません。ラグジュアリな会場や美味しい食事でもなく(そういうことは家族や友人と過ごすからこそ楽しいのです)、業界の最新動向や日々の仕事に役立つかの自分ゴト化ではないでしょうか。キーワードは、新しい視点との出会い、ワクワクする体験や自己成長です。



「弊社はセミナーで話すほどのネタがないから」「魅力的な内容を企画したり、オペレーションができないかも」という方、ぜひお声がけください。これまでの事例やノウハウ(失敗話も)お話いたします。

BtoB企業専門のPR会社 株式会社ジョイン のPRメニュー

望む顧客のキーマンに出会う連続セミナー

ご相談やご提案依頼などお気軽にお問合せください。
TOP